業務案内

超微細カットシュレッダーのご紹介

2016年1月からのマイナンバー法の全面施行により、すべての企業は官公署や自治体に提出する書面にマイナンバーの記載が義務付けられ、マイナンバーを管理する仕組みづくり(業務プロセスや情報システムの改修 など)と安全管理措置が必要となります。

安全管理措置に関しては、内閣府(特定個人情報保護委員会)が公表しているガイドライン「特定個人情報に関する安全管理措置」に記され、すべての企業はこのガイドラインを基に、マイナンバーの漏えい、滅失、毀損などの事故の発生やマイナンバーが不適切に使用されないよう、万全の管理を期さなくてはなりません。

その中でも、物理的安全管理措置として、特定個人情報(マイナンバー等)が記載された書類は不要になったら「できるだけ速やかに復元不可能な廃棄処理を行うこと」が義務化され、マイナンバーガイドラインの補足説明に「復元不可能な程度に細断可能なシュレッダーなどで廃棄しましょう。」と明記されております。

そこで復元不可能な細かいサイズに裁断して、個人情報漏洩を防止する最高の超微細カットシュレッダー【KS-1275-0105】をご紹介します。

【具体的な記載項目】
「基本方針及び取扱規定程等の策定」「組織的安全管理措置」「人的安全管理措置」「物理的安全管理措置」「技術的安全管理措置」

従来のシュレッダーとの違い


「もうシュレッダーはあるよ?」

シュレッダーは今やオフィス用品として必須アイテムとなりますので、もちろんすでにお持ちだと思います。
ただ、従来のシュレッダー細断サイズでは、最新の復元技術により情報を簡単に復元できてしまう可能性があります。
そこで、マイナンバーが記載された書類の復元不可能な程度の細断が可能なシュレッダーとして、アメリカの国家安全保障局が機密文書を裁断する際の細断サイズの基準としている業界最高水準の「レベル7」(DIN66399)の性能をもつ、超微細な細断が可能なシュレッダーが最適とされております。
※シュレッダーは屑の大きさにより7段階の機密区分で規格化されております。
 レベル1(最大)〜レベル7(最小)

超微細カットシュレッダー【KS-1275-0105】

世界最高水準のセキュリティレベルである Level 7 (DIN66399) に準拠した超微細カットシュレッダー KOSTAL【KS-1275-0105】
他社同等機に比べ、抜群のコストパフォーマンスを誇り、且つ、高信頼性・高耐久性を実現した最高峰のシュレッダーです。

信頼の世界ブランド
KOSTALシュレッダーは特に安全と品質において高い評価を頂き、これまでに世界各国で確かな信頼と長年に渡る実績を積み重ねて参りました。

簡単操作で高性能
洗練されたデザインでとても使いやすい操作パネルを採用。細断サイズ、枚数などの基本性能だけでなく、世界でも最高峰のハイセキュリティ超微細カットを備えたモデルで、抜群の性能を誇るオフィスシュレッダーです。

ハイコストパフォーマンス
KOSTALシュレッダーと他社機を是非比較してください。高性能と低価格の両方を実現した圧倒的なコストパフォーマンスを誇るKOSTALシュレッダーを自信をもってお薦めいたします。

頑丈で壊れにくい金属ボディ
KOSTALシュレッダーはこれまでの安価なシュレッダーと違い、頑丈で壊れにくい金属ボディとなっております。カッターブレードにも高耐久性素材を使用しておりますので、故障も少なく安心して末永くご使用いただけます。

仕様

モデル番号KS-1275-0105
細断方式クロスカット
投入口寸法275 mm
細断寸法約 1 x 5 mm
最大細断枚数(50Hz/60Hz)8枚 / 8枚
細断速度(50Hz/60Hz)約 5.9 / 6.8 m/分
細断くず箱容量約 70㍑
定格電源AC100V 50Hz/60Hz
定格消費電力約 820W
定格時間約 30分
本体寸法470x475x870mm
本体重量約 67㎏
細断ジャム抑止機能グラデーションLED
細断媒体

ぜひ他メーカーの同等性能シュレッダーの価格をご確認の上、詳細は弊社までお問い合わせ下さい。